楊30のふるさと めだかの館益田工場特集!

2006年に、固定種の育成を目的にスタートした「めだかの館益田工場」の紹介です。めだかの館では、新種メダカの作出をメインに日々交配を進めています。しかし、産まれたメダカを固定化していく事も大事な作業です。そこで、島根県益田市にある巨大なハウスで新種メダカの固定や、独自の交配により更なる新種メダカの作出を行っています。
大型のビニールハウス内で飼育を行っており、冬季でもメダカを安全に越冬できる環境が整っているため、益田工場で飼育したメダカは、とても健康な個体が育ちます。めだかの館で作出し、今もなお人気のある琥珀、シルバー、楊貴妃など、様々な品種の飼育から、新種メダカの稚魚育成まで、多くの品種管理を行っています。楊貴妃系統「楊30」の親元でもあります。
今回は、益田工場で育ったメダカを販売いたします。各セットとも数に限りがありますので、ご希望のセットがございましたら、お早めにご検討ください。

楊30のふるさと 益田工場特集

2商品

おすすめ順 価格順 新着順

  • < Prev
  • Next >
2商品 1-2表示
  • <
  • 1
  • >
2商品 1-2表示
  • < Prev
  • Next >
  • 現物メダカ販売
  • お買い得メダカセット
  • めだかの飼い方
 

コンテンツを見る

  
2017年2月
1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728
メダカ大図鑑好評発売中!